コーヒーとオイルを混ぜて洗顔をするスキンケアを行っています。コーヒーにはミネラルがたくさん入っていますので、美肌にすることができると言われています。レギュラーコーヒーを入れた残りの捨ててしまうコーヒーをオリーブオイルやベビーオイルなどにまぜて、顔に塗り、優しくマッサージをしてあげます。そのあとぬるま湯で洗うというスキンケアとなっていて、メイクを落としたあとにするのが効果的です。コーヒーとオイルでしっとり肌になれます。

乾燥肌を防いでモチモチの肌にしてくれる

コーヒーは家庭菜園などで肥料にもされるほどミネラル分が豊富です。肌にはこのミネラル分をしっかりと取り入れてあげることが大切となっています。メイク落としなどの洗顔後というのはどうしても肌が緊張状態となってしまい、乾燥しがちで慌てて化粧水をつけたりすると思いますが、このコーヒーとオイルを混ぜた洗顔は乾燥しがちな肌もモチモチにしてくれます。
顔を洗った瞬間に水分がなくなっていく感じだったのですが、コーヒーオイル洗顔を始めてからは肌の触り心地が明らかに代わってきたのです。
コーヒーを淹れたあとの捨てるはずだった残りのコーヒーの粉で出来ますので高いスキンケア用品を揃える必要もなく有効活用できたりと一石二鳥です。

乾燥肌もおさまり肌の顔色もよくなるスキンケア

コーヒーとオイルを使ったスキンケアを始めてからというもの乾燥肌が改善し、顔色も良くなったと言われるようになりました。年齢と共に肌はくすみますので、トーンアップできるようなスキンケアを心がけてきましたが、なかなか上手くいきませんでした。しかし、コーヒーとオイルを混ぜるだけで楽ですし、顔だけではなく手も若々しくなっているような気がします。
水分は口からとるだけでは足りないということに、このスキンケアに会ってようやく気づかされました。コーヒーの香りでリラックスすることができますし、何よりも高級なスキンケアアイテムは香りが苦手だったり高価だったりするのですが、コーヒーの粉とオイルなので節約にもつながりました。

コーヒーを飲んだついでにスキンケアを

毎日コーヒー洗顔をするのもいいですが、ついつい忘れがちです。そのため、キッチンにオイルを置いておくと、コーヒーを飲んで残りカスを捨てようかなというときにも、そこで捨てる前にオイルと合わせてマッサージをしてしまうと洗顔の完成です。
このコーヒー洗顔の良いところは、コーヒーとオイルさえあったらどこでもできるということです。旅先で怠りがちなスキンケアですが、オイルさえ持ち歩いていたら、コーヒーがおいてあるホテルも多いですので、コーヒーを飲んでそのあとにオイルを混ぜて洗顔すると、翌朝の肌のモチモチが違います。
コーヒーを飲んだついでに出来ちゃいますのでキッチンでパパッとお手入れで、好きなときにできちゃいます。