スキンケアにクリームを採り入れるとなぜいいのか、それは乳液だけでは補えない保湿効果があるからです。スキンケアの最後につけるだけで、肌が潤いで包み込まれるような感じになります。これは美容液や乳液では、得られないものです。特に若い時であれば、まだ乳液だけでも大丈夫かもしれません。しかし30代になると、やはりクリームが必要になって来ます。年齢を重ねるに従って、肌は乾燥しやすくなり、弾力も失われがちになりますので、美肌を保つためにもやはりクリームは必要です。

30歳を過ぎた肌には必需品と言えるでしょう

保湿作用やアンチエイジング作用など、クリームと一口に言っても色々な種類があります。しかしどのクリームにも言えるのは、肌を保護する力、これが他のどのアイテムよりも高いということです。私たちの肌は毎日、紫外線や汚れた空気などで傷んでいます。その傷みの修復は、若いうちは新陳代謝が盛んなので、クリームをつけなくても何とかなります。しかし新陳代謝が衰えてくると、外部から有効成分を補い、修復してあげることになります。クリームというと、中年以上の女性の物という印象は、恐らく使用を開始する年齢が、30代以上からという例が多いせいもあります。しかし実際その年齢になると、クリームによるスキンケアはとても効果が感じられるものなのです。もちろん最近では、若い人にも効果のあるクリームも沢山出ています。

肌に元気を与えるスキンケアアイテムとして不可欠です

スキンケアでずぼらをして、クリームをつけなかった場合と、きちんとクリームをつけた場合とを比較すると、その差は歴然としています。クリームをつけなかった翌朝は、たるみが出たり、肌そのものに元気がなかったりします。特に私の場合は、エイジングケアを中心にしているため、如何にクリームが大事であるかがよくわかります。とはいっても、毎回クリームをつける必要があるかというと、必ずしもそうではありません。朝はメークの下地になる乳液、夜はクリームと使い分けるのもいいでしょう。またクリームによっては、夜しか使えない、あるいは夜の方が効果がある商品もありますので、自分のスキンケアを考えたうえで、どれがいいのかを選んでもらうのもいいでしょう。

クリームに投資すればシリーズで揃えなくてもすみます

スキンケアはつい手を抜きたくなることもあります。しかし30代を過ぎていて、クリームなしというのはやはりデメリットも大きいのです。そのような時は、化粧水とクリームだけでも肌の元気を保てるよう、ある程度高級なアイテムで揃えてみるという方法もあります。シリーズで揃える分のお金を化粧水とクリームに回せば、かなり質のいい物が手に入ります。クリームは特に、投資すればするほど肌の悩みに応えてくれます。それからちょっともったいないと思うかもしれませんが、クリームをいつもより厚めに塗って、そのまま寝てしまうという方法もあります。ちょっとしたパック代わりです。翌朝の肌はつやが出て、すべすべになっているはずです。特に乾燥する季節には効果がありますので、一度試してみるのもいいでしょう。