私がスキンケアで一番大事にしているのは、保湿です。

お風呂上がりと朝はしっかりと保湿をするようにしています。

学生時代は美肌だと褒められることもあり、自分の肌に自信を持っていたのですが、大人になってからというものそういった機会もなくなり、だんだんと衰えを感じるとともに自信もなくなってしまいました。

また、年の離れた妹がいるので、そのピチピチな肌を見るとなんだか切なくもなりました。

私は、昔のようなピチピチな肌が少しでも多く蘇ることを目指しています。

お風呂上がりで毛穴が開いているタイミングで保湿

お風呂に入ると身体がポカポカになります。

すると、毛穴が広がります。

だからこそ毛穴汚れも落とせるし、美容成分を注入するにはもってこいのタイミングです。

でもお風呂の中で保湿クリームを塗るわけにはいかないので、お風呂を出てからすぐ、まだ体がポカポカしているうちに保湿してしまいます。

でないと、熱が逃げていくのと一緒に水分まで飛んで行ってしまうからです。

せっかくお風呂で身体も水分補給をしているのですから、美容成分を注入してしっかり保湿でカバーします。

私は少し冷え性なので、保湿したらすぐに服をきてさらにブロックしています。

季節によってやり方は変えたほうがいいとも思いますが、乾燥する時期はとくに保湿カバーブロックには注意しています。

保湿スキンケアで乾燥による小ジワを撃退

20代にして小ジワが気になっていたのですが、スキンケアに力を入れるようになってからは、シワがあまり気にならなくなりました。

乾燥もあまり気にならなくなり、顔が明るくなったようにも感じます。

一番の変化は、スキンケアをしていることが自分にとって自信となって、前向きになれたことです。

前向きだと美容に力を入れたいと思えるし、明るい気持ちになるので、どんどん綺麗を目指せます。

スキンケアは若々しさを保ったり保湿したりするだけでなく、気持ちさえもケアしてくれます。

私は自分に自信がなくて、私なんかが綺麗になりたいだなんで思うのはおかしいと思っていたのに、今となってはどんどん綺麗になりたいと思えています。

美容の力って本当にすごいです。

ズボラならズボラなりのやり方で続ける

私もどちらかといえばズボラです。

やることをきっちり決め過ぎてしまうと、少しでも決め事を守れなかったらそこですべて嫌になってしまいます。

だから、決め事は作らないことにしています。

でも綺麗になりたいとは常に思っているから、その時その時の気分で美容に向かいあっています。

保湿の仕方や食事の仕方や寝る時間もバラバラです。

それでも、なんだかんだ自分に合ったやり方が見つかってきて、楽な形でできるようになってきたので、自分の中では楽にこなせているので一番良いのではないかと思っています。

モデルさんや綺麗な女優さんのように完璧になれたらいいですけど、やっぱりそういった素敵な人を参考にしつつ自分に合ったやり方が見つかると続けられると思います。